ダイエット 仕組み作りでモチベーションあげあげ!

どうもおはようございます。バルクアップ九尾です。

 

今回はダイエット時におけるモチベーションのお話です。

九尾はダイエット時にあまりモチベーションというものを考えたことがありません。おい話おわったじゃんっていう方ちょっとまってください!よく回りの方のお話でモチベーションが上がらなくてしんどい。続かないというの耳にします。それではなぜ九尾がモチベーションを意識していないのか見ていきましょう。

ダイエットに取り組む前に入念に計画を作ります。

単純明快ですね。それができたら苦労しないんだよっ!九尾が日頃から意識してることなんですが、忙しい時 つらい時っていうのは気持ちが左右します。この時に気持ちで考え方や方針は変えないっていうのを意識しております。逆に言えばその間は決めたルールに従って動きます。

入念な計画ってどんなものでしょうか?

まず皆様にダイエット前にやってほしいことは計画書作りです。難しいものじゃなくていいんです。まず明確にすべき点はいくつかあります。

・目的(なりたい自分)

・理由(なぜダイエットをしようかと思ったのか)

・手段(どのようにしてゴールまで最短で行動するか)

・期間

・小さな目標達成を小分けに用意する。

 

まずは目的からです。皆様はダイエットスタートする時に目的って明確にされてますでしょうか?アバウトに何キロいついつまでに瘦せると設定していないでしょうか?九尾はまずここを明確に設定しております

。雑誌に載ってるフィットネスモデルや理想の女優さんなどなんでもいいんです。なりたい自分の体格指数を徹底的に調べます。女優さんだと身長、体重、スリーサイズなど詳細に出てきますね。注意プロフィールは必ずしも本人と一致するものではありません。

 

なりたい目標の方と今の自分のステータスを見比べてみる。するとあら不思議ビックリするぐらいに軽いですよね。彼女達はメディアに出るプロであり、肉体作りを必死に行っております。人気商売である以上見た目はもろに評価を受けるからです。そういう方たちは,はたから見ても称賛の言葉しかありませんね。

 

努力をすればその体型は手に入れることが可能であると証明してくれてます。あなたが素晴らしいと思った体型を目指しましょう。

目的まとめ

目標とする人物を徹底的に調べる。今の自分と比較してどのように変化させるのかイメージする。数値で視野化する。

 

 

次は理由です。なぜダイエットをしようと思ったのか明確にしましょう。この部分が九尾が思うにモチベーションにあたります。これは自分が決めた意思であり、やり遂げてやる願望です。理由を決めずになんとなくでは必ずどこかでやめてしまいます。他人に嫌味をいわれた。彼氏に太ったと言われた。なにかしらの自分に対するアクションがあなたをダイエットする意識に変化させたはずです。それらの言葉や態度、不快に思ったことをかき出しましょう。あなたはそれを見返したときに再度やる気をもらえます。強烈な嫌味ほど効果があります。

理由まとめ

自分がダイエットしようと思った理由をかき出そう。意識変化のアクションはできるだけ細かくかき出す。

 

 

手段というのは具体的にどのようなアプローチで目標の体型に近づくかです。上記の目的で数値の視野化ができているので、具体的に何キロ瘦せるとわかります。食事、運動をどのようなバランスでダイエットを行うか決めます。例えば一日マイナス300calだと一か月で1.25kgほど落ちる計算になります。これを食事のみでやる方法、運動のみ、両方から150calほど稼ぐやり方があります。自分の生活リズムなどで無理なく設定していきましょう。ここで決めたルールはダイエットにおける肝になりますので、気分での変更はできない自分ルールとなります。

決めたことを淡々と毎日こなし続けることがダイエットのルールです。継続は力なりとありますがまさにその通りで、モチベーションが高くないとできないことをしてはいけません。日常に取り入れて習慣化できるものがベストです。ダイエットの失敗を聞くとだいたいこの部分に無茶な設定をなされてる方が非常に多いです。無理をする必要はないんです。やるのは自分なのですから、楽にできる範囲のものを設定しましょう。

モチベーション高い方ほど運動を選択される方が多いですが、拘束時間が長くなりしんどい日、めんどくさい日が出てきますので、モチベーション変化としては運動の方が影響されやすいです。

九尾としては食事を減らす。又はクリーンな食事に切り替えるのが一番おすすめです。体重の変化は消費カロリー>摂取カロリーが大原則なので、どちらでやっても結果は同じです。淡々と毎日こなし続ける観点からも食事でカロリー調整しながら余力で運動に取り組む方が安定します。

 

期間はいついつまでに何キロ落さなければならない。大会や競技をしてる人でない限り長期間で考えるべきです。無理な加減は体にも悪い影響を与えます。九尾は現体重一か月4%未満の落としと決めております。適切な設定こそ長続きし、途中でくじけないコツだと思います。

落とす量にもよりますが半年以上かけてゆっくり落とすのがおすすめです。一か月1~2kgほどだと負担になりにくいと言われております。今からダイエットしようという方400~450calを目安にしてみては如何でしょうか?

手段期間まとめ

・ダイエットにおけるルールは毎日淡々とこなすことです。

・気分でその日の行動を変えないこと。

・手段は食事と運動ふたつをうまく分配して無理のない楽な方法を選ぶこと。

小さな目標達成を設定してほめてあげるです!

これが一番大事!九尾は常に自分によくやった。いいぞこの調子だと言い聞かせてます。承認欲求を満たしてあげることです。もちろん他人に褒めてもらってもよいです。仲が良い子に褒められるとうれしーものですよね。食事をヘルシーなものに切り替えて褒めてあげてもいいし、運動を頑張れば普段全くしないのによくやったとかなんでもいいんです!

一番うれしいのは何といっても体重が見えて落ちてる事実ですね。それはあなたの頑張りであることに間違いありません。九尾は500gで喜んだりしてます。そんなの日によって変わるだろと言われるかもしれませんが、ある一定期間ダイエットを続けると100gですらなかなか落ちなくなってきます。

体重計に乗ったり鏡で体を確認したり、普段と違う変化に気づいたら褒める習慣があるとうれしいものですよ。その変化はモチベーションに繋がるはずです。冒頭に書いた考えてないというよりも、無意識に上げるようにもっていってるのかもしれませんね。褒めるという行為は簡単にできておすすめです。

以上の5つのことをダイエットを始める前に入念に選択決定しております。

これってめんどくさいですが、なかなか効果あるんですよ。なぜならばかけた時間を無駄にしたくない心理が働くからです。モチベーションとしては目的と理由が大きく比率を占めるのです。人に言われた言動って結構長期的に覚えてますよね。それを文字に掘り返すことであなたのメラメラはさらに高まる効果があります。あいつにだけはいわれたくねーわ。とかね。見返してやるとか思うわけです。

目的を明確にしておくことで、そこまで到達する一直線のレールを視野化できるメリットがあります。しんどい続けたくないと感じた日は初めに決めた目的を見返してください。そして今の自分と鏡で見比べてみてください。かなり近づいてると感じればあなたの努力は紛れもなく、成果として実ってるわけです。あと一歩ファイトです!目標達成したらコメントください!

いままでダイエットで計画書を作成したことがない方よかったらこの機会に一度作ってみては如何でしょうか?入念に作り込むことで最短ルートで目標に到達することが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。